指輪を使ってイライラやストレスを解放しよう。

ードップリ浸かってしまう不満や不安ー

私達は46時中、様々な感情に囚われ、たった今目の前にある楽しさや幸せに気づいていないことがほとんどなのではないかなと思うのです。綺麗な新緑の並木を歩きながら、実はきちんとその美しさを見ていなくて、8割方心配事や悩みが頭の中をクルクルしていませんか?

例えばいよいよ今日から楽しみにしていた旅行!でも頭の中を付きまとうのは
◆待ち時間のイライラ
◆無事に目的地に行けるか心配
◆期待外れの食事にがっかり
◆戻ってからの仕事の心配

 

体はニューヨークやハワイへ行っても、心はいつでも過去や未来にいるのです。だから楽しみ切れない。ストレスから、イライラから逃れられずにいます。

良く分かります。なんせ私もそんな一人でした。マインドフルネスな日常を意識する日々ですが、今でも油断をするとあっという間にどっぷり無意識の中へ引き込まれます。頭の中はごちゃごちゃです。

あっ、しまった!今入り込んでしまったな!と気が付くことも早くはなりましたが。常に優秀なSPのように自分の心の中を見張る事(マインドフルネス)がとても大切なのですね。その為にも私にとってはパワーストーンの存在はとても大きいのです。パワーストーンを手に取ってしばらくジッと見つめているとその美しさに心が静かになってくるのを感じます。

《こんな綺麗なものを前にしてうすら汚い事ばかり考えていてはバチがあたる。。。》そんな気持ちになってきます(笑)

ー大切なのは今の自分を大切に思う気持ちー

もしかしたら今読んでくださっているあなたも日々、育児や家事、仕事に追われて自分の気持ちに構ってあげられる時間すらないかもしれません。気持ちに鈍感になっていて、もう自分がもはや毎瞬なにを考えているのかに気が付かないかもしれません。

ただイライラや疲れだけが心を牛耳っていることは分かっていて、どうしたら良いのかわからない。気が付いたら体調を崩してしまったり。周りがとても良く見えて、比べては落ち込んでしまったり。

何かをこなしながら頭はすでに5分後へ飛んでいて目が回りそう。だからイライラする、ストレスがどんどん溜まっていきます。そしてそんな自分が嫌になる。私自身がそのような状態の時があったからこそ、同じように悩んでいる方にほんの少しでも大切な何かに気づくきっかけとなれば。と今こうしてリングを作っています。

モヤモヤとした気持ちが覆いかぶさってきたら、一日に数回、それぞれ数秒でも構わないので深呼吸をして自分の心をケアしてあげられる時間が増えたらいいですね。

どんな感情が湧いていようと、マインドフルネス的には《これが今の私の中にある思いなんだなぁ》とただ静かに認識してみる。その感情に良いも悪いもラベル張りをしないで、受け入れ始めたときに、大きな問題やストレスだと思っていた物がフワリフワリと溶け始めるから不思議です。

そんなマインドフルネスのツールになる事を願って、fig(フィグ)は指輪を「マインドフルネスの指輪」と呼んでいます。自分を労って、自分を愛し、どんな自分も受け入れられたら最高ですね。

ーネガティブからリリースされるマインドフルネスのツールー

手元は一日に何度も目にする場所。だから、指輪を目にした時には意識的に深い呼吸をしてみる。そして、「今この瞬間を感じている? 楽しめている??」 「たった今という瞬間に問題はある?」そうやって自分に問いかけるマインドフルネスのツールとして使ったら素敵だな。と思っています。

figのリングは基本的にはリング台座の裏面は穴を開けています。それはパワーストーンのエネルギーが少しでも多く体内に取り入れられるようにという思いがあります。

それから、パワーストーンは産地によっても個性があって、発するエネルギーが違う事もあります。なので、きちんと産地も把握して、良いなと思う石を手のひらに乗せてみて良い気分になるエネルギーを感じられるものだけ仕入れています。

なのでどうしても一石ずつ形が違います。同じサイズに研磨した石であれば、リングを作るのに型を取って量産できるのですが、f i g (フィグ)のリングは石の形に合わせて一点一点ハンドメイドで石枠を作り、リングアームを作りと時間と手間をかけて作っています。

 

夫婦2人でチマチマと作業しているのでそれはとても大変なのですが、そうして出来上がるリングたちは、愛おしくてとても良いエネルギーを放っているように感じています。

fig(フィグ)のリングは少しいびつで味わいのあるデザインが特徴です。一つ一つの石が形や色味が違うように、金属の部分も一点ずつ違った味わいを楽しんでいただきたいな。と思っています。

大好きなアスティエドヴィラットの陶器のように!

私たちには今、ここ。しかありません。3分前のあそこでもなく、10分後のそこでもありません。そして今ここの積み重ねがその先を作っていくのですね。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。