【本当に効くの?】パワーストーンの秘密

パワーストーン シトリンとパイライト

タイトル通り、そもそもパワーストーンって実のところどうなのよ。効く訳?効かない訳?という疑問を抱く方もいらっしゃることでしょう。実際、科学的に効果を証明されているようなものではありません。見た目にも綺麗な天然石、自然の作りだしたアートピースのようなものですので、必ず持てば効果があると断言することは難しいですね。

でも、古代から様々な石達が護符として、病気や怪我の治癒に、雨乞いに、船旅のお守りに。と使われていたこと、その歴史が今も残っていること、そしてパワーストーンとして効果を感じる方も少なくないというのもまた事実です。

ここでは、パワーストーンの効き目ってなんなのか?という事についてご紹介していきたいと思います。

【パワーストーンって効果はどうなのよ】

現段階では残念ながら科学的には証明できるものではありません。そして、それぞれのパワーストーンのページでも記載していますが、 持つだけで様々な効果を期待しても、残念ながら単なる石で終わってしまいます。

しかし、例え科学的な観点からは証明されなくても実際に、パワーストーンを身につけたり持つことで、心のあり方が変わったり、諦めかけていた夢が叶ったり、素敵な出会いがあったりと不思議なことがあったと言われる方も少なくありません。そのような方に共通して言えることは、パワーストーンをとても大切に扱っているということです。

一番大切なことは、1つパワーストーンを手にして仲良くなる事。信頼関係を築いていく事です。まるで新しい親友を作るみたいに。

まずは自分の元へ来てくれたことに感謝して、具体的に自分がどうなりたいのか、どんな事を願っているのかを明確にしてパワーストーンと共に過ごして行く事から始めてみてはいかがでしょうか。本当の自分の望み、人生の目的が見えない。良く分からない。という方は、是非マインドフルネスを取り入れてみてください。パワーストーンと共に、心静かに座り深呼吸をするだけでも十分です。すると次第に本当に大切な物事が明確になってきます。 自分をサポートし、支えてくれたり、時には勇気を与えてくれるパートナーとしてぜひパワーストーンを大切にされてみてください。

パワーストーンルビー

パワーストーンがきっとお守りになってくれるんだから、大丈夫。もっと自分を信じて頑張ってみようかな。そんな気持ちが生まれて、そうしてそのエネルギーとパワーストーンの持つエネルギーが合わさった時にいわゆる【効果】として現れるのではないでしょうか。

石は生きています。植物と同じように、動いたりしゃべったりはそれこそしませんが。私たちが生まれる遥か昔から大地がじっくりじっくりと育て上げたパワーストーン。人間が発見して採掘しなければ今でも静かに育っていたのですよね。ですからエネルギーもパワーも何にもないスッカラカンな固形物では無いはずです。まさに地球のエッセンスがギュッと詰まった神聖なものなのですね。

【ジュエリー、薬、おまじない。古代の人々のパワーストーン事情】

古代の人々はパワーストーンをオシャレやお守りとして身につける事だけでなく、メンタルの安定やエネルギーチャージ、病気の回復にも使っていました。紀元前1500年ごろの古代エジプトで記録されたと言われる最古の呪術医学的文献の『エーベルス・パピルス』の中では、ヒマシ油やオリーブオイルとともに、ラピスラズリやアズライト、ヘマタイトなどのパワーストーンやシルバー、ゴールドなどの鉱物が様々な病気の治療に使われていたと記載されています。

その後も痛みのある部分に貼ってみたり、粉末にして服用してみたり、お水にパワーストーンの波動を移してそれを飲んだりと心身の不調を治癒するために愛用されてきたのだそう。

今日でも、インドのアーユルヴェーダや中国医学、チベット医学の中でも守り伝えられています。

【私もパワーストーンも繋がっている。波動療法としてのパワーストーン】

この世に存在する物質のすべては波動を持っています。今座っているイスも、持っている携帯も、買ったばかりのバッグも。そしてもちろんパワーストーンもそれぞれに固有の波動があります。その波動が持ち主の波動を調整し、望ましい結果に結びつくこともあるといわれています。

パワーストーンに効果を感じる方の多くが、無意識のうちに、波動療法のとしての恩恵を受けている可能性があるのです。自分が求めている効果とは違う効果を持つパワーストーンなんだけど、ミョーに気になるんだよねー。気に入ってしまったのよねー。という石は、自分に必要なエネルギーや波動を放っている可能性が高く、身近に持つことで、その石の波動やエネルギーで自分自身の波動が修復される可能性があります。なので、パワーストーンを選ぶ際にはインスピレーションで選ぶというのが一番のおすすめです。

波動療法は、 欧州では 医療機関で 医療保険適用の代替医療となっているそうです。 これからの代替医療に活かされていくツールの一つと言えそうですね。

内科医の堀田忠弘先生の書かれた本も興味深いです。西洋医学と漢方などの東洋医学だけでは飽き足らず、パワーストーンの波動療法にも注目をして患者さんのニーズに合わせて治療をされているそうです。ご興味のある方は是非。→  医師が進めるパワーストーン

【そして、パートナーを選ぶときに大切な事】

パワーストーンブルーアパタイトのイヤリング

あなたのスペシャルで最高のパートナー(パワーストーン)を選ぶときに、一番大切なことがあります。それは、パワーストーンの効果ばかりを気にして選ばずフィーリングを大切にするという事です。

なぜか?!

日常生活を思い出してみてください。例えば友達を作る時。いくら周りが『あの人はいい人だよ。あなたと趣味も合いそうだし、洋服のセンスももう最高!』とおすすめされてもどうもしっくりこない。趣味は確かに会いそうだし、センスも良いんだけれど、根本的な価値観が何となく違うかな。それよりも、一見まるで共通点がなさそうだった眼鏡の彼女と話してみたらすごくフィーリングが合って息がぴったり。というようなことです。これは恋愛や仕事などでもそうですね。おすすめされたり人気の人や物で、最初はそのリストを握りしめて電車に乗り、そこへ行くまでは選ぶ気満々だったけれど、全然違ったものが気になる。惹かれる。という事は良くあります。これは、自分でも気が付かない心の奥深くの本当の自分の声かもしれません。

表面的には隣人との人間関係に悩んでいるから、その人を寄せ付けないようなプロテクトをするパワーストーン、パイライトを身につけようと選ぶつもりでいたのに、どうも恋愛運のローズクオーツが気になって仕方がない。というような場合には、『もっと自分と周りの人々に寛大になって優しい気持ちで毎日を過ごせるようにしたほうが、結論としては隣人との人間関係も良くなっていくよ。』というサインかもしれません。

このように、表面に見える問題や悩みも掘り下げていくと何か別の問題と繋がっていることは良くあります。だからこそ、フィーリングで気になるパワーストーンを一つ選ぶことがとっても大切なのですね。

【ギャッ。そんなこんなで選んだパートナーが割れた!行方不明になった!】

そうして大切に毎日を共にしていたパワーストーンさんが突然割れたり、欠けたり、突如行方をくらますことがあります。ハッキリ言って、何か予期せぬことが身に起こるのでは、、。とビビりますよね。でも、この現象は物質としての劣化であるのと同時に、実は何か危険から守ってくれたり身代わりとなってくれたり、邪気を吸い取ってくれたものと捉えることもできます。そんな時には、知らないうちに災いから自分を守ってくれたと思えば、パワーストーンに対して感謝の気持ちが沸いてきますね。

ポジティブに受け止めて感謝して、また新しいパートナーとの出会いを楽しんでください。

お役目を果たしたパワーストーンは、海や山など自然のある場所に感謝をしながら戻してあげるのが良いですね。もし、近くにそのような場所がなければお庭に埋めてあげるか白い紙に粗塩を乗せてパワーストーンを包んでゴミとしてお別れをしてあげてください。また新たな命として生まれ変わり輝くはずです。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。