ストレスのその先は光と繋がってる

ストレスは、「ここ」にいるのに「そこ」にいたいと思ったり、「現在」にいながら「未来」にいたいと思うことによって、生まれるのですね。


今日が晴れなら良かったのに、問題が早く終息すれば良いのに。これらの思考は、誰にでもあるもの。だけど、皆が思うからって一緒になってこれらの思考を続けていても、そこから生まれるパワーは、ストレスや苛立ちです。



今ここがどんな形で現れても、受け入れるとたちまちにストレスや不安は居場所を失い、残るのは何とも言えない深い平穏で安らかな気持ちだから不思議です。


嫌な物、見たくないもの、考えたくないもの、それらにあえて向き合ってみる。それって、とても勇気がいって恐ろしい事のように思えることもありますね。そこにフォーカスをあてることは、現実に良くないことを呼び寄せてしまうのではないか。そんな気持ちになります。 でも生きていれば様々なことが外側では起こりますね。どうしても避けられないこと、それを丁寧にしっかりと受け入れる。状況によってはとても難しかったりしますが、受け入れない限り心は苦しくなるばかりです。受け入れるとは許して認めるのとは違います。ただあるがまま、今はこういう状況なのね。と目を開いて認識するだけです。良いも悪いもラベル張りをしないで観察する人になる感じです。

実はネガティブなエネルギーたちは、じっと見つめられることをとても嫌います。どうか気が付かれずやり過ごせますように。と願っているのです。だから、ただ優しく観察してみてください。そこに潜んでいると怯えていた恐怖やネガティブな感覚は少しずつ消えていきます。優しく観察するというのは、向き合うということ。それは光をあてるようなものなのですね。闇は光を嫌います。光を当てられた闇は光に変わっていきます。

sunset

人間でも全く同じことが働きます。例えば、意地悪で最悪な人がいたとします。あの人は関わらないでおこう。と避け続けられるのならそれはそれで良いのですが、どうしても関わらなければいけない。今現実としてその人が「ここ」にいるのに、その人がいない「あそこ」へ行きたい。するとストレスがかかります。そんな時、今その人がここにいることを先ずは受け入れ、その人に対して湧き出るネガティブな感情をじっと優しく観察してみます。するとまた違うネガティブな思いが湧き出るかもしれませんが、繰り返しただただ優しく観察してみます。しだいにネガティブな感覚が少なくなってきていることにある時気が付くかもしれません。それは、闇に光をあてた結果なのですね。

自分の感情に変化が訪れれば、自然と自分以外の物や人にも変化が起こります。


happiness is here!
幸せはここにある♡


#今が未来を変える力になる
#今すぐに自分から変わる
#今日が良い日になるかは自分次第

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。