低迷していた人生が動き出す。自分テーマづくりのススメ。

人生のテーマを一つ見つけてみると、ガラリと人生変わるかも。今回は自分の人生のテーマについてのお話です。


1.どうしたら自分の心を満たせるのかな

就職しなきゃいけないけど、やりたいことが見つからない。今まで家族の為に生きてきて子供たちの手が離れたらこの先どうやって生きてくのが幸せなのか分からない。趣味も特技もこれと言ってないし、人生にワクワクが足りない。。。どうしたら自分らしく幸せになれるのか誰もが何らかのタイミングで直面する悩みなのではないでしょうか。

考えれば考えるほど、訳が分からなくなってきて気が付いたら無駄に時間だけが過ぎていた。もしそうだったとしても、今からだって人生を輝かせるのは遅くありません。どうするか、何をするかを考える代わりに「自分のテーマ」を考えてみるのも一つのアイディアです。

2.自分のテーマを一つ決めてみよう

テーマは何でも構いません。「美味しい食事の時間を大切にする」でも、「部屋はいつでも風通しよくする」でも自分が好きな事、興味がある事を選ぶのがポイントです。

美味しい食事の時間を大切にする。をテーマにしたのなら、新鮮なオーガニック野菜を買いにいつもはいかないスーパーに散歩がてら行ってみたくなるかもしれません。食器やテーブルコーディネートも楽しくなってくるかもしれませんね。はたまた新しい料理にチャレンジしたくなってお料理教室に通い始めるかもしれません。そこで新たな友人が出来ることもあり得ます。

部屋はいつでも風通し良くする。がテーマなら、溜めてしまった不要な物を片付けたくなるかもしれません。スッキリとした部屋に飾るお花が欲しくなってとっておきの花瓶を一つ手に入れたくなるかもしれません。今度はなんとなくインテリアの配置も変えたくなって部屋のディスプレイに夢中になるのかもしれませんね。気が付いたら自分自身の心もスッキリ整って風通しの良い状態になるかもしれません。

たった1つの素朴なテーマであっても、それを自分の人生の中心に据えて暮らしていくと様々な新しい流れが出来る気がします。無理に何かを見つけ出そうとしなくても自然な流れとなって目の前に現れ始めるものなのかもしれませんよ。


3.テーマは自問自答して道を切り開く力を与えてくれる

ちなみに、私とfigのテーマは「良い気分」。
5年後も10年後も良い気分でありたい。今この瞬間も良い気分でいたいな。
私の周りの人や環境にも良い気分でいて欲しい。テーマに沿って生きていこうって決めると、日々、沢山のチョイスポイントがある中で迷う時、妥協しそうな時に、周りに流されず強くいられる自分がいます。
【こちらは楽だけど、果たして良い気分になるだろうか?】
【この発言をしたら、相手は良い気分になれるかな?】
【この行動起こしたら環境に良い事起こるかな?】
そうやって自問自答しながら自ら道を選んで進む力と自信をテーマは与えてくれます。


テーマは、短いほうがパッと思い出せるので良いかもしれません。テーマに沿って生きていこうと決めると、今までと違った新しい自分に出会えるようになりますよ。あなたのテーマは何ですか?良ければ是非1つ見つけてみてくださいね。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。