【心が楽になる3つの方法】マインドフルネスってなんだろう

ー【困った人だ、、】マインドワンダリングって?-

何かをしていても別の事を考えているいわゆる「ちょっと! あんた聞いてんの?」状態、心ここにあらずな状態をマインドワンダリングと言います。最近はインターネットにSNS、テレビなど常に起きた時から寝る時までザワザワとしていて情報に溢れていますね。心静かに自分に向き合う、食べ物を味わって食べるなどという時間は逆にもったいないとでも言うような状態です。

でも、そのような状態で生活しているとストレスから解放されることがありません。そしてそのストレスは万病の元と言われています。いくら食べ物に気を使い運動をしたり、オーガニックの物を使っていても、ストレスを開放出来なければ意味がなくなってしまうのでは悲しいですね。

「あの人があんなこと言った。」 「せっかく親切にしてあげたっていうのに。」 「自分は何をやってもダメ。」
頭の中がいつもザワザワしていては、いつも疲れていると感じたり、何かと時間が無くて忙しかったり、逆にやる気が起きなくなってしまったり。メンタル的にもとても負担がかかり始めます。たった今目の前のダイニングテーブルには昨日買ってきたばかりの綺麗なお花が咲き乱れているのに、旦那さんが美味しくシュークリームを食べているだけで「チッ! へらへらして食べてんじゃねーよー!」なんて思い始めたならマインドワンダリング状態間違いなしです。


ー気づくことがとても大事ー

曹洞宗をひらいた道元禅師の言葉で「念起即覚 覚之即失」というものがあります。
この意味は「辛い、悲しい、苦しいといったネガティブな気持ちを持っているという事に気付きなさい。そういった気持ちに気付くだけで、それがだんだん消えていくから」という事です。
そう、自分の心に嘘をつかずに素直にいることがとても大事なのですね。

私は平気、全然無理なんてしてない。そうやって自分の気持ちを折り曲げていくとどこかでとても苦しくなります。
それに、かき消そうとすればするほどに追っかけてくるようにして決して消えないものです。どこへ行こうと何をしようと
二人羽織のようについて回る困りんぼです。

だから、まずは少し静かな場所で心の中で何が起きているのか確かめてみてください。そして、どんな感情であれそれが心の状態なのだなと気づいてください。良いも悪いもラベル張りをせずただジッと、あーだのこーだの言っている感情を見てみてください。
すると何だか、スーッとその感情が薄れていくのが分かるかもしれません。もしくは、もう一人の自分が客観的に見ているような不思議な気持ちになる人もいるかもしれません。

それが、「気づき」でありマインドワンダリングから抜け出す唯一の方法です。
それを日常のエクササイズとして是非取り入れて見てください。特に出来れば、イラっとした瞬間、心が乱れる何かが起こった時、すかさずジッと静かに感情を見てみてください。すると少しづつ心に変化が起き始めることに気が付くのではないでしょうか。

繰り返していく事で、些細なことでイライラしなくなったり、大らかさが出てくる人もいるかもしれません。
起きているうちの大半、思考を牛耳っていた悩みが大したものに思わなくなるかもしれません。
いずれにしてもどっぷりとマインドワンダリング状態でいた時とは違った自分に出会えることと思います。

次のページでは、座禅を組まなくても出来るマインドフルネスの一部をご紹介します。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。