Mookaite (モッカイト)

パワーストーンモッカイト

【 自信をもって楽しく過ごしたい人に 】

モッカイトは原住民アボリジニ人も愛用していたポジティブなパワーストーン。ジャスパーの仲間です。モッカイトには以下のようなエネルギーがあると言われています。なにかピンと来ることがあれば、それはあなたに必要な証拠。ぜひマインドフルネスな日々を送るためのお守りや、瞑想のお供にどうぞ。
 
 
―モッカイトの意味・効果―
①悩みや不安を和らげる
②前向きな気持ちをもたらす
③行動力を高める
④人に優しくなる
⑤夢や目標のサポート
⑥ポジティブなマインドで心を豊かにする
⑦何か選択、決断する際に正しい道へ進むように働きかける
⑧心の闇を照らして不安を溶かしていく
 
 
パワーストーンモッカイトのピアス
 
 
―身体にもたらすと言い伝えられている効果―
①怪我や病気の治療や儀式で使用されていた
②健康な身体を保つ
③肥満治療
④肝臓と脾臓中の血液を綺麗にする
⑤胆のう、胃腸、甲状腺を癒す
 
(※これらの効果は言い伝えをもとにしており現代医学で証明されているものではございません。)
 
 
イエローのモッカイトのピアス
 
 
モッカイトは水彩画のよう。様々な色彩で私たちを楽しませてくれます。イエローやレッド、アイボリーなどカラフルで見ているだけでもポジティブなエネルギーが伝わってきます。カラーセラピーでは、レッドは炎、イエローは光を意味します。心の暗闇を光で照らしてネガティブを溶かしていくパワーストーンです。
 
ジャスパーの一種であるため、大らかで大地のようなどっしりとしたエネルギーが流れています。保護をもたらして、エネルギーと身体をグラウンディングさせます。ネガティブエネルギーを吸収して、チャクラとオーラを浄化してバランスを整えます。
 
 
―モッカイトの歴史―
モッカイトの産地である西オーストラリアのムーカクリークという地名にちなんで名づけられました。ムーカイト、モーカイトとも呼ばれます。
 
原住民アボリジニが古くから愛用していたと伝えられています。装飾品や儀式に用いるほかにも、水脈を探し出すためにモッカイトを用いていたとされることから「大地の石」「雨を呼ぶ石」などとも表現されます。
 
―浄化方法―
水晶クラスター、ホワイトセージ、月光浴、日光浴
(それぞれの浄化方法はコチラから)
 
―主な原産国―
オーストラリア
 
 

 
 
ー大切なことー
持つだけで様々な効果を期待しても、残念ながら単なる石で終わってしまいます。使う際は、自分がどうなりたいのか、どんな事を願っているのかを明確にしてパワーストーンと共に過ごし、良くなっていく事をイメージする事、そして感謝をして大切に扱うことがとても大切です。
 
何百年、何千年と気の遠くなるような歳月をかけて大地と宇宙が作りだした1つの生命体。(パールや貝は違いますが)人間が採掘しなければ静かに成長し続けていました。故郷から引き離され、削られて、石は多大な犠牲を払ってはるばる自分のところへ縁あってやって来てくれたのですよね。
 
ですので、パワーを受け取る事ばかり考えるのではなく、この先の良きパートナーとしてぜひ大切にされてみてくださいね。こまめに浄化でケアして、パワーストーンを見るたび感謝をすればきっと私たち人間とより深い関係が築けるはずとfigは考えています。
 
石は生きています。静かに瞑想をしているかのようですね。ジッと見つめているとその穏やかで静かなエネルギーに引き込まれていきます。毎日、毎瞬を大切に生きるマインドフルネスや瞑想の為のツールとなる事を願っています。
 
 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。