Dumortierite (デュモルチェライト)

パワーストーンデュモルチェライト

【 集中力を高めたい】

ラピスラズリに似たコバルドブルーが美しいパワーストーン、デュモルチェライト。以下のようなエネルギーがあると言われています。なにかピンと来ることがあれば、それはあなたに必要な証拠。ぜひマインドフルネスな日々を送るためのお守りや、瞑想のお供にどうぞ。


【デュモルチェライトの意味・効果】
① 自分に自信をもって、立場を貫きたい
② いつもイキイキとポジティブに捉えて過ごしたい
③ 心を穏やかに保ちたい
④ 乗り越えたいトラウマがある
⑤ インスピレーションやアイディアが欲しい
⑥ 集中力が欲しい
⑦ 試験や学びのお守りが欲しい
⑧ 第6チャクラのバランスを整える

デュモルチェライトのシルバーリング


 
【身体にもたらすと言い伝えられている効果】
①過敏症
②頭痛、吐き気、嘔吐の緩和
③下痢、動機に有効
 
(※これらの効果は言い伝えをもとにしており現代医学で証明されているものではございません。)


混沌とした計画性のない状況に陥っている時、デュモルチェライトは自分の人生の主導権を取り戻すことをサポートしてくれます。あがり性や内気、ストレス、不眠症、恐れ、憂鬱などを克服するのにもこの綺麗なブルーの石は役立ちます。


【使い方】
①気持ちを落ち着けたい時、良いアイディアが欲しい時は手に持ち深呼吸をしてみてください。
②日々トラウマと向き合っている人は、このパワーストーンを身近に置いておくと心が落ち着き、苦痛を和らげる努力に集中できると言われています。


 
【マインドフルネスのワンポイントレッスン】
使う際にはイメージをすること、感謝をすることがとても大切です。ゆっくりとした呼吸法と共にキラキラと輝く美しいエネルギーが心や体内に入っていくイメージを是非持ってみてください。気分が落ち着き優しい気持ちになりますよ。
 
 
 


 
 
【デュモルチェライトの歴史】
デュモルチェライトは1881年、発見者であるフランス人古生物学者のエウジェネ·デュモルティエ氏にちなんで命名されました。ラピスラズリやソーダライトにもよく似た石で、またの名前を「デザートラピス」と呼ばれる事もあります。


【浄化方法】
ホワイトセージ、水晶クラスター、月光浴
(それぞれの浄化方法はコチラから)


【主な原産国】
アメリカ・カナダ・ブラジル ・マダガスカル


【大切な事】
持つだけで様々な効果を期待しても、残念ながら単なる石で終わってしまいます。使う際は、自分がどうなりたいのか、どんな事を願っているのかを明確にしてパワーストーンと共に過ごし、良くなっていく事をイメージする事、そして感謝をして大切に扱うことがとても大切です。
 
何百年、何千年と気の遠くなるような歳月をかけて大地と宇宙が作りだした1つの生命体。(パールや貝は違いますが)人間が採掘しなければ静かに成長し続けていました。故郷から引き離され、削られて、多大な犠牲を払ってはるばる自分のところへ縁あってやって来てくれたのですよね。
 
ですので、パワーを受け取る事ばかり考えるのではなく、この先の良きパートナーとしてぜひ大切にされてみてくださいね。こまめに浄化でケアして、パワーストーンを見るたび感謝をすればきっと私たち人間とより深い関係が築けるはずとfigは考えています。
 
石は生きています。静かに瞑想をしているかのようですね。ジッと見つめているとその穏やかで静かなエネルギーに引き込まれていきます。毎日、毎瞬を大切に生きるマインドフルネスや瞑想の為のツールとなる事を願っています。
 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。