【今ここ】につながる

 

私が史上最強にメンタルが弱っているとき、何度この本達に助けられてきたか分かりません。ドイツ出身のエックハルトトールさんが書かれた本たち。ニューヨーク・タイムズが「アメリカで最も人気のある精神世界分野の著者」と評しています。アメリカで絶大な人気を誇るトーク番組の名司会者オプラウィンフリーさんとも親しいことで有名です。オプラさんはメグライアンさんから薦められてトールさんの本を知ったそうです。

【今ここ】こそが全て。

過去も未来もなく、たった今だけが自分の存在している唯一の場所。

それなのに、人間は自分の思考が作りだしている問題、悩みにどっぷりと浸かって、人生を複雑にしている。

だから心に浮かぶ思考をあまり真剣に受け止めないこと。あらゆる思考はまるで一大事化のように装っている。

そんなことを教えてくれるとても素敵な本。私はまさに、自分の中のもう一人が46時中おしゃべりをしていて、しかもそのおしゃべりは大抵ネガティブで、それを本当の自分と思い込み、閉じ込められているような気持ちになっていることがありました。振り回されていたそれらの感情が自分とは別物だと気が付くことが出来たことは心をとても楽にしてくれました。まさにエックハルトトールさんの優しい教えのおかげです。

ありのまま、流れるままに身をゆだねてどんな感情が湧いても、それを放っておく。ネガティブもポジティブもなんでも良いよ。今ネガティブに思ったのならそれでも良し。とその感情をもう一人の自分が温かい目でジーッと見守っているイメージを持ってみると、すーっとネガティブな感情が消えていくから不思議なのです。

基本的には、ポジティブに物事を考えてワクワクすることが好きですが、あまりにもメンタルが弱っていると、時としてポジティブに考えることがとても辛く思えることもありますよね。そんな時、私は必ずと言っていいほどトールさんの本やDVDを引っ張り出して目を通しています。マインドフルネスにも通じる教え。おすすめです。

 

 

 

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。