Aquamarine (アクアマリン)

パワーストーン・アクアマリン

【豊かなコミュニケーションと幸せな結婚】

ー人生の壁や暗闇に迷った時、新たな希望の光をもたらす石ー
3月の誕生石として有名なアクアマリン。良質なコミュニケーション、夫婦関係、恋愛をもたらすパワーストーン。子宝のお守りとしてもどうぞ。

その名の通り水や海に通じるエネルギーを秘めています。そんなパワーストーン、アクアマリンには以下のようなエネルギーがあると言われています。なにかピンと来ることがあれば、それはあなたに必要な証拠。ぜひマインドフルネスな日々を送るためのお守りや、瞑想のお供にどうぞ。

【アクアマリンの意味・効果】
ーfig (フィグ) ではこんな効果を求める人におすすめしていますー

① イライラやストレスを解放して癒されたい
② 苦手な人とのコミュニケーションで疲れている
③ ハードワークでストレスが溜まっている
④ 周囲に対して優しく穏やかな気持ちで接していたい
⑤ コミュニケーション能力を高めたい
⑥ 海や水に関わる人のお守りが欲しい
⑦ 愛する人との絆を深めたい
⑧ 子宝に恵まれるお守りが欲しい
⑨ 縁結び、家族との絆を深めるお守り欲しい
⑩ 第5チャクラのバランスを整えたい。

ー海の大らかなエネルギーを吸い込んだ石ー
その名のとおり海とのかかわりが深いアクアマリン。神話では『海の精霊の宝物が浜辺に打ち上げられて、それがアクアマリンになった。』と言われています。海に関わるお仕事やスポーツ、旅行などされる際にトラブルから身を守るお守りとしてどうぞ。

ー美しい若さと幸せのシンボルーアクアマリンは別名『人魚の石』や『天使の石』と呼ばれ、美しい若さと幸せな喜びを象徴するとされています。

そしてコミュニケーションが得意なアクアマリンは、人と人を調和させるパワーを持ち、仲違いしている夫婦や恋人には、仲直りのキッカケを与えてくれます。

ー真っ暗な深海から救い出してくれるー
『人生の壁や暗闇に迷った時、新たな希望の光をもたらす』といわれています。
まさに、広くて穏やかでなめらかな海のエネルギーがギュッと詰まった。そんな素敵な石です。

―アクアマリンのヒーリング効果―① 良好な夫婦関係、恋愛をもたらす
② 深い癒しを与える
③ 良質なコミュニケーションのサポート
④ 変化に対する柔軟性
⑤ エネルギーの滞りをなくす

―身体にもたらす効果―① 目の不調の改善と視力回復
② 気管支粘膜の再生。₍喉の痛み、詰まり、しゃがれ声、扁桃腺炎等)
③ 腺の晴れ、甲状腺の問題に有用
④ 肝臓、胃、婦人科系、脾臓に有用
⑤ ダイエットのサポート


(※これらの効果は言い伝えをもとにしており現代医学で証明されているものではございません。)

ー対応するチャクラー

第5チャクラ(喉付近)

ーアクアマリンの特徴ー

ゆっくりとしたエネルギーで流れています。大らかな海のように問題を飲み込み現状を変化させていきます。焦らずにその流れに身を任せてみてください。

ー相性の良い組み合わせー恋愛運アップ:モルガナイト
アクアマリンと同じベリルファミリー。相手を思いやる優しいエネルギーで大切な人との絆を深めていきます。

恋愛運アップ:ムーンストーン
こちらも穏やかなエネルギーで絆を深めていきます。信じる気持ちを高めて結婚へと導きます。

その他ブルーレースアゲートブルーカルセドニーなどフレンドリーで穏やかなエネルギーのパワーストーンと好相性です。

―アクアマリンの歴史―アクアマリンという名はラテン語で”水”を意味する『アクア』、”海”を意味する『マリン』から由来しています。キラキラと太陽の光を浴びた穏やかな水面のような美しい宝石です。その魅力は、フランス王妃”マリーアントワネット”がダイヤとともに愛してやまなかった宝石であると伝えられているほど。中世ヨーロッパでは、ロウソクなどの夜の照明の中でとりわけ美しく輝くことから、夜会用の宝石「夜の女王」としても好まれていました。また、”月の光を受けて輝く”という幻想的な特性を持つ宝石であるため、別名「人魚石」とも呼ばれることがあるそうです。神話では『海の精の宝物が浜へと打ち上げられ宝石になった』とされるアクアマリン。古代ローマでは、月の女神『ディアナ』の石とされています。『ディアナ』は太陽神”アポロン”の妹であり、勇敢で活動的な女神だったそう。どの言い伝えを見てもアクアマリンの美しさに魅了されていたことが伝わってきますね。

―アクアマリンの浄化方法―


ホワイトセージ、水晶クラスター、月光浴、浴水

クラスターやセージはもちろん、流水での浄化も適しています。 太陽光で浄化の場合は、午前中のほうがよいでしょう。ですが、高価な宝石タイプのアクアマリンは、月光で浄化してください。 (それぞれの浄化方法はコチラから)

―主な原産国―パキスタン・アメリカ・メキシコ・アイルランド・ブラジル・ロシア・ナイジェリア・マダガスカル・アフガニスタン・ジンバブエ・インドetc

ー鉱物学ー

アクアマリンはエメラルドと同じ『ベリル』ファミリー。色によって呼び名(流通名)が異なります。緑色のベリルはエメラルド、水色はアクアマリン、ピンクはモルガナイト、黄緑色はヘリオドール、黄色はイエローベリル、褐色系の黄色はゴールデン・ベリル、透明はゴシェナイトといいます。

色:ブルー、ブルーグリーン

硬度:7.5~8

希少性:普通

ー大切なことー持つだけで様々な効果を期待しても、残念ながら単なる石で終わってしまいます。使う際は、自分がどうなりたいのか、どんな事を願っているのかを明確にしてパワーストーンと共に過ごし、良くなっていく事をイメージする事、そして感謝をして大切に扱うことがとても大切です。何百年、何千年と気の遠くなるような歳月をかけて大地と宇宙が作りだした1つの生命体。(パールや貝は違いますが)人間が採掘しなければ静かに成長し続けていました。故郷から引き離され、削られて、多大な犠牲を払ってはるばる自分のところへ縁あってやって来てくれたのですよね。ですので、石からパワーを受け取る事ばかり考えるのではなく、この先の良きパートナーとしてぜひ大切にされてみてくださいね。こまめに浄化でケアして、パワーストーンを見るたび感謝をすればきっと私たち人間とより深い関係が築けるはずとfigは考えています。石は生きています。静かに瞑想をしているかのようですね。ジッと見つめているとその穏やかで静かなエネルギーに引き込まれていきます。毎日、毎瞬を大切に生きるマインドフルネスや瞑想の為のツールとなる事を願っています。

◆◆効果別一覧に戻る◆◆

◆◆50音順一覧に戻る◆◆

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。