The Sixth Chakra (第6チャクラ)

ーまず、チャクラってなんですか?-

チャクラとはサンスクリット語で「輪、車輪、回転」を意味する言葉です。

生命、肉体、精神の働きをコントロールしているとても重要なエネルギーの出入り口の事です。外の世界と内なる体の世界が持つ「気(エネルギー)」の交換をして、体内の気が巡るステーションとなっています。


ヨガや瞑想をするときにはそれぞれのチャクラを意識することで良好なエネルギーを取り入れ、本来の身体の正しい状態を取り戻すことが健全に生きていくためにも大切とされています。人間には7か所のチャクラがあるとされていて、時計回りにクルクルと回転しています。 それぞれのチャクラのバランスが何らかの原因で崩れると精神のみならず体調にも影響を及ぼすと考えられています。

チャクラごとに持ち合わせる意味やテーマカラー、そしてそのチャクラに共鳴するパワーストーンがあります。 これらを知って、日常生活に上手に取り入れてみてください。心と身体が健やかでありますように。

ー第6チャクラのメインテーマ”第3の目、直観力”ー

第6チャクラは、眉間周辺にあるエネルギー場の事です。チャクラのカラーはネイビーブルー。

第6チャクラの働きによって万物の本質、自分の本質を見抜くことが出来ると言われています。見た目から判断するのではなく、もっと深い神聖な部分を感じ取ることが可能です。肉体の目ではなく、まさに第3の目で物事を見ているのです。それによって外見に惑わされることなく、一般的な常識とされる情報に振り回されることなく、冷静に分析し、見抜く力を持ちます。 人生の中での目標、やり遂げたいことといったものに対しても、冷静に分析して、優れた直観力によってスムーズに未来を組み立てていくことが出来るのですね。


ー第6チャクラが整っている状態は?ー

第6チャクラのバランスが整っていると、当たり前に存在しているものに対しても、自分に対しても、その中に隠されていた本質や美しさに気付けます。例えば草木や鳥のさえずりといった日常目にする光景に隠されている神秘に、深い感動を味わえるのです。そうした状態は想像を超えるインスピレーションを与えます。人々に感動を与えるような想像力に溢れています。

そうして生れた物事は何事にも変えられない力強さを持っています。 人生においての喜びにも悲しみにも執着することなく、いつでも心地の良い穏やかな気持ちでいることが出来ます。 また、言葉に力強さがあってカリスマ的な影響力を人に与えられるのです。それは威圧感のある言葉ではなく、深い叡智によって発せられる言葉です。


ー第6チャクラが崩れている状態は?ー

物質主義や、全てを理論的に考える癖がある場合、目に見えるものが全てだと考える場合には第6チャクラのバランスが崩れてしまいます。また、一般的に持つ自己イメージに囚われすぎている場合もバランスを失ってしまいます。例えば、母として、妻として、社会人としてといったそれぞれの立場に置かれたときの自分はこうでなければいけない。というような社会的、文化的な概念に無意識に影響されて、本当の自分、素の自分の認識が薄れてしまっているような場合にも第6チャクラのバランスが崩れている場合があります。

ーバランスが崩れるとどうなるの?ー

エネルギーの不足、エネルギーの過剰いずれかの状態となり、それぞれによってもたらされるメンタル面での変化は様々です。

チャクラが閉じて、エネルギーが不足していると、自分の目で見えるものだけを信じるようになります。感覚や感性といった部分は失われ、まるで色のない世界のようです。すぐそこにある奇跡のような美しい自然や音色に気付くこともなく、今の自分はどう見られているのかという外見の事ばかりに囚われがちです。集中力の低下や物忘れといったことも多くなり、上の空のような状態です。見ているようで見えていない。真実を知ったつもりで知れていない、というような状態です。

逆にエネルギーが過剰になると、全てを理論で言いくるめようというような独断的態度となって現れることもあります。

肉体的には、第6チャクラに対応している脳、目、自律神経、感覚などに何かしらの不調が現れることもあります。 頭痛、視力低下、眼精疲労、白内障などの症状もそのうちの一つといわれています。

ー第6チャクラの活性化・バランスを整えるには?-

どのチャクラにも言えることは、自分の内面と向き合い良いも悪いもあるがままの自分の感情を感じて受け入れる。そして、積極的に自分自身と関わり、自分をいたわることがポイントとなりそうです。

小さなストレスや不安が大きくなってしまう前に、毎日自分を気にかけてあげられたら良いですね。私達は日常の忙しさの中で、自分の事は後回しにしてしまいがちです。毎日たった3分でも自分の心が今どんな状態でいるのかを確認されてみてはいかがでしょうか。

「私の心の中をのぞいてみたら、平和では無かった。。」と思ったならば、深く深呼吸をしてしばらく静かに過ごしてみたり、ヨガや瞑想などを取り入れてマインドフルネスに過ごすのも、チャクラのバランスを整える助けになるのでおすすめです。

その他には、それぞれのチャクラに対応するアロマをかいだり、マッサージをする。パワーストーンを身に着けたりお守りにすることで、乱れてしまったバランスを整えるサポートをしてくれます。でもあくまでも、一番大切なのは私たちの気持ちの持ち方だと思いますので、そのサポートという面でこれらを上手に取り入れてみられてはいかがでしょうか。 そして、本来のバランスを取り戻せますように。

ーパワーストーンー

第6チャクラのメインカラーはネイビーブルーです。そのような色のパワーストーンの多くは第6チャクラに共鳴します。代表的なものは、ラピスラズリ、カイヤナイト、アメジスト、アイオライト、ソーダライト、デュモルチェライト、タンザナイトなどです。

ーアロマー

代表的なものは、ローズマリー、イモーテル、タイム、ジュニパーなどです。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。