左右で効果が違うって本当?パワーストーンブレスレット

朝起きて、洋服を選んで(そうだ、今日はブレスレットでも着けてみようかな)とひらめいた時、何となく着けていませんか?はたまた叶えたいお願い事があってパワーストーンブレスレットを手に入れた時、着けやすい腕に何となく着けているかもしれません。

でも、それは勿体ないかもしれませんよ。どういうことか詳しく見ていきましょう!

ーパワーストーンを手首に着けるとどんな効果があるの?ー

まずは、手首にパワーストーンを身に着ける意味を見ていきましょう。

パワーストーンの観点から腕は全てのエネルギーの発信と受信を司るとされています。特に左手はエネルギーを取り入れる、右手はエネルギーを浄化してリリースすると言われているのです。

それから、パワーストーンの持つエネルギーを感じやすいとも言われています。敏感な方はかすかなチリチリというような感覚やじんわり温かい、もしくはひんやり冷たいと感じることもあるかもしれません。いずれにしても、嫌な気分がしなければそれはお互いに共鳴し合っているという証拠ですのでその感覚を是非楽しんでみてください。

また、パワーストーンは身体にある7つのチャクラに対応します。それぞれのチャクラは対応するカラーもあります。例えばネックレスは胸元にあるため第4、第5チャクラに対応してカラーはグリーン、ピンク、ブルーなどですのでそのようなカラーのパワーストーンがよりネックレスとして身に着けるのなら効果的です。

でも手首はどのストーンを持ってきてもしっかりと効果を発揮してくれます。パッと身に着けやすいという事も加わってパワーストーンブレスレット人気が絶えないのはそんな理由もあるのですね。

ーなぜパワーストーンブレスレットは効果を発揮しやすいの?-

パワーストーンをブレスレットとして身に着けることが石のエネルギーを効果的に体内に取り入れるとされる理由は、まず石が直接触れているということです。

そして自然と視界に入ってくるので、パワーストーンとのエネルギーラインが通りやすくなります。

また、実はパワーストーンのエネルギーは直流で繋いだ電池のような働き方をするのです。そのためエネルギーの流れを阻害するような相性の悪いストーンの組み合わせをすると効果が発揮されにくくなってしまうともいわれています。

相性、配列的にも考えられた相乗効果を見込める組み合わせのブレスレットは、ストーンを単体で持つよりも遥かに強いエネルギーを作りだすのです。

それから、繋ぎのパーツとして使用する金属も重要です。シルバーやゴールド、プラチナにはストーンの効果を高める大切な役目をもっています。

ー左右の手首で発揮する効果が違うらしいー

左手
①エネルギーを取り入れる(パワーストーンのエネルギーを体内に取り入れる)
②インプット
③自分自身の成長を促す
④感覚面、感情面に働きかける
精神と繋がり、願い事やインスピレーションが欲しい時に。

◆こんなお願い事の時は左手がおすすめです◆
・メンタル、健康面
・恋愛
・家族や家庭の事
・子宝、安産
・出会い
・人間関係

右手
①エネルギーを放出(体内の不要なエネルギーをリリースする)
②アウトプット
③現実的な処理能力に働きかける
現実と繋がり、実力発揮や信念を貫きたい時に。

◆こんなお願い事の時は右手がおすすめです◆
・ビジネス
・試験、合格
・金運
・就職、転職

あなたのお願い事はなんですか?

左右のエネルギーの違いについてご紹介しましたが、一番大切なことは心地よく大切に身に着けるという事です。ですので、お願い事の内容としては右手だけれど何となく右は着け慣れていないから逆に気分が落ち着かない。フィーリングとして左手の方が良さそうだな~。などという事であれば、もちろんそんな気持ちを大切にして身に着けてくださいね。

全てが自由!決めつけず楽しくいられる道を選んでいきましょう。

◆ブレスレットのショッピングはこちらから◆

大玉水晶のパワーストーンブレスレット

◆◆◆ジュエリーの選び方一覧に戻る → ◆◆◆




ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。