叶えたい願いがある時、着けたくなるのはネックレス。

あなたも一度は何かを強く心から願う時、胸に手を当てて願ったことはありませんか。心臓の近くで自分の鼓動に合わせて願いを一番近くで聞いているネックレス。不安な時や、心のより所が欲しい時のパートナーというイメージでしょうか。好きなチェーンに、思い出の指輪を下げてみたり、パワーストーンのチャームを合わせてみたりそうして自分だけの思いを詰め込んだカスタマイズが気軽にできるのもネックレスの魅力です。

figネックレス

身につけない時にはベッドサイドの壁にピンで下げれば、素敵なオブジェ兼、安眠のお守りとしても良いですね。私も娘のベッドサイドには母から譲り受けた物や私がパリの教会で昔見つけたロザリオを下げています。夜絵本を読むときに小さな読書用のライトに照らされたそれらはとても美しく、癒されます。

( ↑ 娘のベットサイド。ロザリオを下げています。謎の”たびびと”の文字は今度やる劇で決まった配役。忘れないように枕元に。さぞ旅人の夢を見るだろう笑 )

ーネックレスが放つエネルギーー

ところでブレスレットや指輪、ピアスそれぞれ身に着ける場所によってインスピレーションを得たりエネルギーを取り入れたりという効果があります。

詳しくはこちらからどうぞ ↓

◆左右で効果が違うって本当?ブレスレット
◆10本の指が持つ魔法。指輪をはめる位置で素敵なことが起こるかも
◆ピアスの効果。与える人は与えられる。ハッピーの連鎖

ネックレスにも同じように以下のような効果があると言われています。

①第5チャクラ(喉付近)をチューニングして、上手な自己表現、豊かなコミュニケーション能力を引き出します。

②過去性と現在におけるトラウマを解放して手放します。それによって抱え込んでいた問題、滞りのある物事が流れていくようになります。

③首に下げるネックレスは石に願い事をかけたり、お守りとして持ち歩きやすいため潜在意識に働きかけて、願い事を叶えやすくすると言われています。

④第4チャクラ(心臓付近)をチューニングして、心を開き幸せを感じやすくします。優しさ、愛情深さに溢れます。

⑤パワーストーンのエネルギーを体内に吸収しやすいとされています。(インカローズ、ラリマー、ラピス、アベンチュリンなどピンク、グリーン、ブルー系の喉や胸のチャクラに対応するストーンはより効果を発揮しやすいでしょう)

ちなみに、別の意味ではこんなものも ↓

ネックレスは首を押さえるから”束縛する” “相手を独占したい” という思いが込められているのだそう。そこから”ずっと一緒にいたい”という隠れたメッセージがあるのですって。

誰か大切な人へそんな思いを込めてプレゼントするのも素敵ですね。

 

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。