#27 ”ALOHA”の魔法の力

私はハワイがとても好きです。

抜けるような青空、大らかな風、ゆれるヤシの木、全てを洗い流してくれるような透き通る海、そしてどんな自分も大きく受け止めてくれるアロハスピリットを持つ人々。

私が初めてハワイに行ったのは4歳の時。ハワイ好きの母の影響もあり、随分とハワイへ行きました。私の結婚式もハワイ。そして子供が生まれてからも私を魅了してやまないハワイ。

マインドフルネスを学べば学ぶほど、アロハマインドとマインドフルネスは一つだと感じます。あるがまま、どんな自分にもアロハと柔らかな笑顔で向かえ入れてくれるアロハの心。どんな自分も否定せず、1ミリも変えようとせず、ただ寄り添うマインドフルネス。この「受け入れる」力は、全てのネガティブと呼ばれるものたちが、尊重されたと喜びだし、浄化されていく唯一の力強い変化のエネルギー。

私はこのマインドとうっとりとする気候のハワイが常に人生の軸となっています。何かがあっても心の中でいつも「ALOHA」ともてなしています。そよ風のように優しく。痛みにも「ALOHA」、そんな優しい気持ちになれない時は、その気持ちに「ALOHA」。すると、”ALOHAと声をかける優しい自分”とネガティブの2つに自分の中が分離していきます。

#15【自分を何にも変えようとしない】その安心感がネガティブな状況を変えていく。

でも紹介した事ですが

思考と感情、それに”気が付く”自分。こうして立ち上がる新しい【気付く自分】が本当の自分です。本当の自分は、いつだって平和で平等。静かで冷静。そして青空のように澄み切った愛そのもの。誰が嫌いで誰が好きなどといった分類もしません。これは高次の高い波動と深く同調しています。

ここで言っている”気が付く自分”とは、”ALOHA”と声をかける優しい自分とイコールなのです。

ハワイがピンとこない人であれば、好きな場所が放つエネルギーを意識すればきっと同じことと思います。例えば、日本のパワースポットなのかもしれないし、ヨーロッパのどこかかもしれません。人それぞれが違ったものに惹かれる魂を持っています。そしてそれで良いのです。どちらが勝ってどちらが劣るという事もありません。自由に、自分の全てを受け止めてくれる場所や人や言葉をイメージして、それをネガティブな感情に与えてあげましょう。

“感情というものが、自分の所有物である。という考え方を手放し、1つのアイデンティティーであると尊重します。”

これは、ハワイのホ・オポノポノの教えです。感情すらも含めて全てにアイデンティティーがあると捉え、尊重し、思いやるこの考えが私はとても好きです。このように尊重され、大切に扱われるネガティビティは、安心し、癒され、光に変わっていくことは、たやすく想像が付きます。

私たち1人1人と全く同じなのです。

日本人として、アロハマインドならぬ日本マインドとは何かな。と考えた時、それはきっと禅だと感じます。私たちの根っこの部分にはこの禅のマインドが植わっているのに、禅が何か特別なものとして扱われがちな事もあり、日常にどのように落とし込めばいいかも分からず、そしてその文化を学校で習うわけでもなく、親が教えるわけでもなく、TVで取り上げられるわけでもなく、日本人の私たちはすっかり大切な禅のマインドを忘れかけているように思います。さらに、日本人独特の謙遜さや、自分よりも先に相手の気持ちを考えるという教えが、履き違えられている部分もあるのかもしれません。

そしてそれにより、本当の自分の声を聞く力、幸福感や満足感を感じられなくなっているのではないでしょうか。

禅とは

・一つの思いに偏らない

・仏の心

・森羅万象に共通する仏の心

・自分と違う相手を許し、認める心

・自分と一つとする大らかな心

・人間本来の生き方

などの事です。

禅語には

・日日是好日(にちにちこれこうにち)

・平常心是道(びょうじょうしんこれどう)

・知足(ちそく)

・脚下照顧(きゃっかしょうこ)

などありますが、こうしてパソコンで変換するだけでもすぐに出てこなく苦労します。

それに比べて、アロハマインドを指し示すハワイ語はALOHAに始まりMAHALO(有難う)やOHANA(家族)など簡単に使われる単語の中に多く含まれています。

ALOHAは

alo(顔・全面)と、ha(呼吸する・生命の息吹)が組み合わされて出来た言葉です。

◆こんにちは。さようなら。の挨拶以外にも、愛、友情、敬意をもつ、尊敬する、思いやり、慈悲、寛容、哀れみ、情け、同情、共感、親切などという意味も込められています。

また、文字1つ1つにも込められた意味があります。

・A (akahai) 思いやり、優しさ

・L (lokahi) 調和、ハーモニー

・O (‘olu ‘olu) 心地よさ

・H (ha’ aha’ a) 謙虚さ

・A (ahonui) 忍耐強さ

この5つがバランス良く調和している事が、私たちに本当の豊さ、愛、心身の健康をもたらすとされています。

フラやハワイアンミュージックなどいたる部分でもそのマインドを感じ取ることが出来るのも、ハワイの人々が小さなころからアロハマインドを忘れずに暮らしている理由かもしれません。

figでは、日本人が忘れかけてしまっているけれど根っこの部分に持っている禅の心を、呼び覚ますことがとても大切だと感じています。ただ、難しい禅語や形式ばった禅の世界というよりも、同じ精神を持つマインドフルネスやアロハマインドや言葉を組み合わせることによって、よりカジュアルに、軽やかに、身近に禅の心を思い出してもらえたらと思っています。

おまけ

私はケアリィ・レイチェルさんのMaunaleoという曲が大好きです。ここに出てくるチェリッサさんのフラ、そして2人の全てを包み込むような優しいまなざし。この曲と2人をイメージするだけで心がどんどん浄化されていくのです。とても神聖な曲です。良ければ是非ご覧ください。

Keali’i Reichel – Maunaleo (HiSessions.com Acoustic Live!)

良い気分になるアイディア

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。