【人の欠点や苦手な人を変えたい】マインドフルネスな方法

 


ーどうしたら自分も人も変えられるだろうー

でも、そんな自分を変えたいのならマインドフルネスな考え方では【全てはあるがままに受け入れる】です。これは自分だけでなく、家族や友人の悪い部分に対しても全く同じです。

 

 

いつもは穏やかな関係性があったとしても、何かの拍子にコインの裏返しが起こることがありますね。

『なぜ分かってくれないのだろう。』 『前にも直してほしいと注意したのに全然変わってくれない。』なにかをキッカケに不平不満が目覚めます。そんな時は自分や家族、友人を無理に変えようとせずに【今】【あるがまま】【考えるまま】にしておくのが大きな変化を与えるためにはとても重要だとマインドフルネスでは考えます。

なぜか??

それは、【抵抗は抵抗を呼ぶ】からなのですね。変えたい、どうにかしたい。と思えば思うほどに、なかなか変えられない自分や家族にイライラしていきます。それに、ご存知の通りなかなか人は変わりません。もちろん自分だって難しいのだから。。もうふて寝でもしたくなります。

 

 寝てる場合じゃありませんね。次のページへ続きます。

 

続きを読む
2 / 4

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。